Act

健康

夏が来る前に「紫外線」について知ろう!~前編~


皆さん、こんにちは♪

これからどんどん暖かくなり、過ごしやすい季節となっていきます!
そんな中気になるのが「紫外線」です。
特に女性の方は紫外線と聴くとドキッとする人も多いのではないでしょうか?
紫外線というと、夏の晴れた日に降り注ぐイメージですが、実は1年中地上に降り注いでいます。
今の時期から紫外線対策はとっても重要なのです!

今回は、そもそも紫外線ってなんなの?
どうやったらお肌へのダメージを防げるの?
とみなさんが気になる疑問や知識についてお伝えさせていただきます。

紫外線ってなに?

紫外線とは、太陽光線の一種です。
地球上にはさまざまな波長の太陽光線が降り注いでおり、わたしたちにとって光として目に見える「可視光線」のほかに
「赤外線」「紫外線」「X線」などがあります。
聴くと、あぁ~!と思う人も多いのではないでしょうか?
波長が短くなればなるほど、身体への影響が大きくなる一方で地球上に届きづらくなります。
「紫外線」の波長は太陽光線の中で真ん中くらいの波長の長さ。そこそこ人体への影響がある、といったところでしょうか。笑
次は紫外線が肌へ与える影響についてお伝えしていきます。

紫外線にはUVAとUVBがある

「UVケア」「UVカット」など、お店やネットなどで見る機会が多いかと思います。
ただ、「UVA」「UVB」となるとあまり馴染みがないかたも多いのではないでしょうか?

肌の老化やシミ、たるみの原因になるのが「UVA」紫外線の95%を占めます。
肌が黒くなる日焼けの原因になるのが「UVB」紫外線の5%を占めます。

特に「UVA」は肌の奥まで届きやすく、じわじわ時間をかけて肌の老化を引き起こすもの。
さらに、ガラスを通り抜ける性質もあるため、屋内にいても肌への影響は出ます。
目に見えないからこそ、紫外線対策ってとても大切なんです。

ただ、紫外線は身体に悪いだけではなく、1日数分程度浴びることで、1日に必要なビタミンDが生成されたりするのです!
小さいころ、親から「家の中にこもってないで外で遊んできなさい!」と言われたことがありますが、今思えばそれも理にかなってます。笑

紫外線量が増えるのは5月から

最初にお話しした通り、「紫外線」と聴くと、真夏に地表に降り注ぐイメージですが、実は5月くらいから一気に増えてきます。
5月というとまだまだ春の陽気も残る時期。案外見落としがちな時期から日焼け止めを塗って対策をしていきましょう!

後編では、実際に日に焼けてしまったときの対策方法についてお伝えしていきます。
今の時期からしっかり「紫外線」を理解して、対策をしていきましょう!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)