Act

ボディメイク

「チェリー」「ロビンソン」「空も飛べるはず」だけじゃない!「スピッツ」の魅力

皆さん、こんにちは♪

新年度になり、新年号も発表されみなさん新たな気持ちで毎日を過ごしていますか?
わたしも新年度ということで、今年こそ痩せよう…と意気込みながら(?)日々過ごしています。
そんな私はActに通勤時する時に音楽を聴くのが大好きです!
毎日気分を盛り上げながら会社に行くのですが、学生からずっと大好きな
アーティストの一組に「スピッツ」がいます。

スピッツと言えば、「チェリー」「ロビンソン」「空も飛べるはず」などを思い浮かべる人が多いかと思います。
スピッツの曲は爽やかで、優しくて、合唱曲やCMソングなどに使われるイメージを持ってる人もいると思います。
実は聴けば聴くほど、激しくて熱くてロックであふれる魅力がたくさんあるのです!!

皆さんの新生活に新しい彩りをお届けしたいと思い、今回は私が大好きな「スピッツ」の魅力を紹介します!

「The Blue Hearts」に影響されたパンクバンド!

スピッツのメンバーを紹介します。
草野マサムネ(ボーカル)、三輪テツヤ(ギター)、田村明浩(ベース)、﨑山龍男(ドラム)
の4人で1987年に結成されたバンドです。
なんと今年で結成32年!すごい!

元々は美術大学で草野さんと田村さんが出会い、そこから三輪さんと﨑山さんが入り今のスピッツができました。
新宿等のライブハウスなどでライブをしながら、1991年「ヒバリのこころ」でメジャーデビュー。
そこから現在に至るまで、たくさんのシングル、アルバムを発売しています。
元々はパンクバンドとして活動をしていたのですが、「The Blue Hearts」の曲に衝撃を受けて、活動休止を経て現在
のスタイルが確立されたそうです。
初期の曲は歌詞や曲調もとがったものが多く、現在の雰囲気とはまた違った魅力があります。
スピッツの「スピッツ」というアルバムがファーストアルバムなので、当時の雰囲気も楽しめるかと思います。
わたし個人のオススメは、「海とピンク」「月に帰る」「テレビ」「夏の魔物」です!
もちろん、他の曲もオススメです。

草野さんが作る歌詞とメロディーの世界観は唯一無二!

実はスピッツの楽曲のほとんどを草野さんが作詞作曲しています。
「宇宙虫」「月に帰る」など、他のメンバーが作曲担当したものもあり、それぞれ違った雰囲気なのでとても素敵なのです
が、ほとんどの楽曲を作っている草野さんはやっぱりすごいなあ…と感じます。

映画やドラマ、CMに使われた曲も数多く、「スターゲイザー」「春の歌」「正夢」「ルキンフォー」「若葉」「ビギナー」
「魔法のコトバ」「幻のドラゴン」「歌ウサギ」「ヘビーメロウ」など、私が思いつくだけでも、これだけの曲が映画や
ドラマ、CMなどに使用されています!!

それだけでなく、さらには楽曲提供までしている草野さん。
実は、PUFFYの「愛のしるし」は草野さんが楽曲提供しているのです!
スピッツが歌う「愛のしるし」は「花鳥風月」というアルバムに収録されています。
そのほか、平井堅、辺見えみり、遊佐未森など、たくさんのアーティストに楽曲提供しています。
他の人が歌うとどんな雰囲気になるのか、聴いてみるのも楽しそうです!

NHKドラマ「なついろ」の主題歌、「優しいあの子」を今すぐ聴こう!

今も昔もあふれる魅力を持つスピッツは、現在放送されているNHKドラマの主題歌を担当しています。
すぐに聴いてみましたが、やっぱりスピッツ、素敵な曲でした…!
TVやYoutubeにもアップされていますので、一度聴いてみると、今のスピッツの魅力がひしひしと伝わってくるかと思います!
シングルは2019年6月19日に発売予定なので、今からとても楽しみです!もちろん私は購入します♪

音楽の力は偉大だと改めて感じます!もちろんスピッツだけに限らず、1曲でたくさんの人の心に変化や癒しや楽しさを与えて
くれる音楽は私たちの生活になくてはならない存在です。
わたし自身もブログを通じてみなさんに少しでも楽しんでもらえたり、新しいことを知ってもらえたらと思っています!
引き続き、スピッツの魅力もお伝えできればと思いますので、どうぞよろしくお願いします!(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)