Act

健康

「笑う」ことがもたらす身体へのメリット3選

みなさん、こんにちは♪

みなさん、最近笑ってますか?
面白いことや楽しいことがあると、もちろんみなさん笑顔になると思います。
笑うとその場の雰囲気が明るくなりますし、たくさん笑うとすっきりした感覚があるのではないでしょうか?
わたしはお笑いを見るのが好きで、劇場に行ったり、動画サイトでほぼ毎日お笑いを見ています♪
彼氏や彼女と会う、親しい友人と話す、ご飯に行く、好きな歌手の動画を見る…
みなさんそれぞれの楽しみがあるかと思います。
そんな「笑う」という行為は、気分が良くなるだけでなく、実は健康にも直結するらしいのです!
今回は、「笑う」ことが健康に与える影響について調べてみました!

身体の抵抗力を高める

なんと、笑うだけで身体の抵抗力が高まるそうです。
人の身体にはウイルスやがん細胞を攻撃してくれるNK細胞というものや、一度侵入した病原菌への抗体を作り、
次に侵入してきた際に身体を守ってくれるB細胞というものがあります。
細胞の数が減ると、抵抗力が弱まり、体調への影響も出てきます。
実際にがんの患者さんにお笑いを見てもらった結果、NK(ナチュラルキラー)細胞の数値が正常になった、と
いう報告も出ています。笑うだけで身体の抵抗力が高まるのですね!

アレルギー改善をしてくれる

今の時期、花粉症に悩む人は多いかと思います。
わたしもそのひとりです。毎年この時期は暖かくなって嬉しい一方、花粉症の辛さに毎日憂鬱な気持ちになっています。
アレルギーは体内の免疫細胞が必要以上に機能することで、鼻水や目のかゆみ、発疹などの症状を引き起こすのですが、
笑うことで、免疫細胞の機能を抑えてくれる役割があるそうです。
花粉症への効果がどこまでかはわかりませんが、つらい症状に悩む今、少しでも症状に変化があれば嬉しいですね!
もちろん、辛い症状に悩むかたは無理をせず、薬の力も借りましょう。

ダイエット効果がある

これはダイエットに悩むかたにとっては朗報なのではないでしょうか!?笑
笑うことで10分あたり最大40kcalほど消費をするそうです。
40kcalとはグレープフルーツ1個分に相当するカロリーです。
40kcalと聞くとあまりピンときませんが、グレープフルーツ1個分と聞くと、イメージもわきやすいかと思います。
たくさん笑うとおなかが痛くなったり、疲れる感覚があると思いますが、笑うことで腹筋へ負荷がかかり、結果、
きちんと運動をしなくても鍛えられます。但し、微笑み、愛想笑いなどはさほど負担がかからないため、ダイエット
効果は薄いと考えてください。笑

そのほか、リラックス効果や血行促進効果もあるので、「笑う」ことは自分も相手も幸せにしてくれ、健康になり、
なおかつお金もかからないので、意識してみて損はないと思います!
わたしも早速実践してみます!!笑うことを日々意識して、心身ともに健康的な生活を送りましょう!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)