Act

ボディメイク

旬の食材を食べたほうがいい理由3選!

皆さん、こんにちは♪

暦の上ではもうすでに春!まだまだ寒い日は続きますが、確実に春が近づいてきています。
みなさん体調は崩さずお過ごしでしょうか?

春になると、山菜、タケノコ、いちごなど、春ならではの旬の食べ物がたくさんあります!
「旬のものは旬の時期に食べるのが良い」と聴いたことはありますでしょうか。
小さい頃、親から言われていたものの、理由もよく分からず過ごしていました。
旬の時期に旬のものを食べることで、身体的にどのような影響があるのかお伝えしていきます。

⒈食材自体の栄養価が最も高まる

今は室内で栽培されたり、輸入によって季節問わずさまざまな食べ物が食べれるようになりましたが、
本来栽培される時期にその食べ物を食べることで、栄養素が最も高い時期のものを食べれるようです。

2.季節ごとに最も必要な栄養素が取れる

実は季節に応じて人の身体も変化していて、その時期に応じてより必要な栄養素も変わってきます。
例えば、春の食べ物には内臓の働きを活発にして身体を目覚めさせる働きがあります。
また、セリなど食材によっては、ストレスを緩和させる作用を持った食べ物もあるようです。
春は環境の変化が多い季節になるので、ストレス緩和をさせて身体を目覚めさせるというのは、春にピッタリですね。

夏の食べ物はキュウリ、トマトなど水分量の多い食べ物が旬を迎えます。
暑い夏を乗り切るため、身体の熱を放出して体温を下げる役割があります。
夏バテや脱水症状になりやすい時期なので、さっぱりとした食べ物で夏を乗り切ることができます。

秋はさつまいも、栗、きのこなどが旬です。
夏の疲れた身体を回復させて冬を迎えるため、エネルギーを多く含んだ食べ物がたくさんあります。
「食欲の秋」と言われるのも頷けますね!

冬はニンジン、大根、ゴボウなどの根菜類がメインです。
冬の寒さでエネルギーをたくさん使うので、熱を生産する食材がメインです。
寒い冬を乗り切るため、身体を温める効果もあります。
鍋、豚汁、煮物など、冬のメニューは身体がポカポカするイメージですね!

3.価格が安い

旬の食べ物は何と言っても価格が安いです。
その時期に合った食材なので、当然栽培にかかるお金も少なくて済みます。
美味しいだけでなく、お財布にも優しいのはとてもありがたいですね!

いかがだったでしょうか?
旬の食べ物の良さ、魅力はたくさんありますね!
食べ物のちょっとした工夫で、今までの食生活の見直しができたり、体調、体形管理にも大きく影響してきます。
新年度に向けて自分自身の生活習慣、食生活の見直しをしてみてはいかがでしょうか?
当店ではインボディも置いていて、身体の調子を詳しく数値化できます。
是非、ご来店して春の身体づくりに活用してみてください!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)