Act

健康

むくみってなぜ起こるの?冷える季節のむくみ対策を伝授!

こんにちは!

近頃は急激に気温が下がって、足先や手先の冷えが気になる方いらっしゃるのではないでしょうか?
身体が冷えると血行が悪くなって、顔や足がパンパンにむくんでしまうこともありますよね。
実は、冬の美容悩みのランキングの上位に食い込んでくる症状の一つに、「むくみ」があります。
調査によっては、冬の王道悩みである「乾燥」をおさえて、堂々の1位になることも。
冬のむくみは、冷えによるものが多いようですが、その原因と対策について調べてみました!

そもそも、むくみって何?

顔や足がいつもよりも張っていたり、パンパンに膨れた感覚になる「むくみ」。
むくみは、身体の余分な水分が滞っていることにより起こる症状です。
特に、血を巡らせる役割の心臓から遠い下半身はむくみが起こりやすく、末端が冷えやすいのも、心臓から離れれば離れるほど血行が滞りやすくなるためです。

こんなあなたはむくんでいる可能性大!

・朝起きると目が腫れぼったい
・運動やストレッチをする習慣がない
・座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事をしている
・夕方になるとブーツがきつくなる
・冷え性である

あなたは上記いくつ当てはまったでしょうか?
ちなみに、最後の項目「冷え性」が気になるあなたは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
「冷え性には「温」の食べ物を♡秋のお悩みトップ「冷え性」にオススメの食べ物」

むくみの予防対策

上記に当てはまったあなたも、そうでないあなたも、むくみは出来ることなら起こしたくないですよね。
むくみにならない身体づくりのためには、これらのことを心がけることがおススメです。
・水分、塩分の摂りすぎを控える
余分な水分が身体に留まった状態がむくみです。水分の摂りすぎには注意しましょう。
目安は1~2mL程度で、水分は常温もしくは温かいものから摂取する方が吸収されやすいそうですよ!
また、塩分の摂りすぎもむくみには要注意。塩分が多いと血中の塩分濃度が高くなるので、身体は水分を欲しがりむくみに繋がってしまいます。

・適度に運動/ストレッチをする
運動をすると身体は筋肉を使いますよね。筋肉は、血流を促すポンプのような役割を果たします。
身体も温まるので、冬こそ運動はしたいものです♪

・弾圧ストッキングを履く
下半身は血行が滞りやすい部分。ストッキングで程よく締め付けがあることで、物理的に血行の滞りを和らげることができます。

・身体を温める
身体が冷えれば冷えるほど、血行は滞ります。出来るだけ身体を冷やさないよう、温度調整や服装には配慮しましょう!

寒さがどんどん厳しくなってくる、冬。
冷えに負けず、むくみ知らずのベストコンディションを常に保ちましょう♪
Actにも、室内で手軽に運動・筋肉トレができて、むくみ対策になる筋トレグッズを取り揃えていますよ!
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)