Act

健康

乾燥対策でもちもちモテ肌に♪


こんにちは♪
最近は、日が落ちるのも早く、冷え込みが厳しくなってきました!冬ですね。
冬は、空気が乾燥する季節です。湿度も低く、50%もない日があります。
寒さ対策で、暖房をつけたりすると、室内がさらに乾燥し、鼻やのど、目が乾いたりします。
また、ウイルスは乾燥を好むので、風邪や体調を壊す原因にもなります。

人間のカラダは、50~60%水分でできていると言われています。
乾燥によって、カラダの水分量が減ると、健康によくありません。
そこで今回は、簡単にできる乾燥対策をご紹介します!

乾燥対策(室内編)

①マスク

感染予防や感染拡大を防ぐマスクですが、意外と乾燥対策にもなります。
自分の息により、マスク内の湿度が高くなり、それを吸い込むことで、
乾燥対策につながる。
最近は、保湿専用の「ぬれマスク」というものも販売されているので、
こちらを使用するのもおすすめです。

②鼻呼吸

口呼吸で乾燥した空気を吸うと、のどが乾燥してしまいます。
また、口の中も乾燥してしまいます。
鼻呼吸は、鼻の中で保湿やウイルスなどの進入を防いでくれたりするので、おすすめです。

③加湿器

部屋全体を加湿するのにもってこいなのが加湿器。
部屋の大きさなどにあったものを使用しましょう。
また、濡れタオルや花瓶などで、保湿するのもおすすめです。
ただし、加湿器の中は雑菌が繁殖することもあるためこまめに清掃しましょう。

乾燥対策(肌編)

①水分補給

水分不足になると、肌の隅々まで栄養が届かなくなります。
そうなると、肌の新陳代謝が乱れ、肌の乾燥に繋がります。
こまめに水分を取るようにしましょう。
※一気に大量に飲んでもよくないです。

②手洗い

強めにごしごしと洗うのは、逆効果。
洗い終わった後は、すばやく水分をふき取り、
保湿クリームなどで、潤いを!
※つけすぎには、注意です。だいたい十円玉程度をひじから指先にかけて塗るのがちょうどよいでしょう。

③唇の乾燥には、リップクリーム

肌と同じで、唇にもクリームを塗ることで対策しましょう!
なお、唇をなめると、唾液で皮膚の保湿成分を取り除いてしまう可能性があります。
また、洗顔の際に唇を洗うことも大切です。特に忘れがちですが、歯磨き粉は唇についたまま放置すると唇が荒れる原因になります。しっかり洗い流して、リップクリームでパッキングしましょう。

いかがでしたでしょうか。
日常生活をすこし見直すだけで乾燥対策ができます!
乾燥対策をして、健康的な毎日を過ごしましょう!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)