Act

ボディメイク

意外と知らない乾燥肌の対策♪

こんにちは、「Act」スタッフです!
今回は冬の気になる乾燥について投稿投稿します。

あなたの本当の肌質は?「乾燥性敏感肌」の正しいケア方法

私の肌は敏感だから、乾燥するから、混合肌だから…思い込みのケアで肌が良くならずに悩んでいる人、実はたくさんいるんです。
あなたに本当に必要なケアはどれ?
今回は、乾燥性敏感肌の正しいケアをご紹介します。
「乾燥性敏感肌」タイプは、バリア機能の強化をすべき!

洗顔はシンプル・短時間で潤い損失を最小限にしよう♪

保湿は「細胞間を満たす」コスメを投入

肌は、自ら潤い成分を分泌しています。
その量が生まれつき少ないのがアトピー素因をもつ乾燥性敏感肌。
細胞間を満たす「セラミド」の量が健康な肌と比べ1/3しかないというデータも。
角層がスカスカになりやすく、肌が乾いたり刺激物質が肌の中に入り込んで炎症を引き起こしがちです。

炎症があると、コラーゲンが劣化したりシミができやすくなったりと、肌の老化が進んでしまいます。また肌が乾燥していると小ジワもできやすく、シワリスクが高まります。

一方で、油分の分泌量が元々少ないので、Tゾーンのテカりや毛穴の開きなどがほとんど気にならないのが、この肌質のメリットです。

潤いを充分に与えることさえ心掛ければ、良好な肌を保てます。

・ピリピリ赤くなりがち
・Tゾーンを含め全体的に乾く
弱み
全体的に潤いが少なく、バリア機能が低下しやすい。乾燥すると肌トラブルが起こりやすく、炎症により老化も加速しがち。
強み
とにかく充分な保湿さえできていれば、トラブルは回避できて良好な肌を保てる。キメが細かく、毛穴も目立ちにくい。
【ありがちトラブル】肌が炎症を起こして水すら染みる

トラブル時はためらわず皮膚科受診しよう♪

水より軟膏(濃いクリーム)がトラブル肌には低刺激!

敏感なときは、水系のものより軟膏系のクリーム(ワセリンなど)の方が染みにくい。お風呂に入るときは顔全体にワセリンを塗って、肌をお湯から保護するのも効果的。

・重点お手入れポイント 1 こすらず洗う
クレンジングはW洗顔不要のすぐ落ちオイルタイプを
「クレンジング料を長く肌にのせていると乾燥を招くので、30秒~1分を目安に。こすらずに短時間でメイクを浮かせられる、W洗顔不要のオイルタイプがおすすめです」

・重点お手入れポイント 2 細胞間を満たす保湿

「セラミド補給」or「バリア強化」コスメを選ぶ
単なる油分ではなく、セラミドやアミノ酸など肌内部を満たす成分入りの保湿コスメを。

・重点お手入れポイント 3
日中も潤い膜で肌をシールド

紫外線予防もできて潤い持続力の高いクリーム

「バリア機能の弱い肌は、紫外線ダメージも受けやすいので防御が必要です。朝は、しっとり感が持続する日焼け止めやファンデーションで仕上げましょう」

潤うピチピチの肌にしていきましょー!!

駒込にあるActにも是非遊びに来て下さい♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)