Act

ボディメイク

知っておくと得!インフルエンザ対策!Part1

知っておくと得!インフルエンザ対策!Part1

こんにちは、「Act」スタッフです! 本日はインフルエンザ対策を投稿します。

インフルエンザ予防のカギは腸内環境

インフルエンザや風邪にかかりにくい体をつくるには、免疫力を高めることが一番。免疫の力を高めるには「腸内環境を正常に保つ」「粘膜を強くしてウイルスの侵入や炎症を防ぐ」という2点が大切となってきます。それぞれ、どのような食材を摂取すればよいか紹介しましょう。

腸内環境を正常に保つ

良好な腸内環境のためには、納豆やヨーグルトといった発酵食品、根菜やキノコ類などに多く含まれる食物繊維を意識的に摂るようにすると良いです。年末年始の暴飲暴食が続いて胃腸に負担がかかっている人は、少し食事量をコントロールしたり、油っこいものを控えたりして、野菜中心の食事にしてみるとよいでしょう。

粘膜を強くしてウイルスの侵入や炎症を防ぐ

まずは、ビタミンAの含有量が多い食材を食べる心掛けをしましょう。ビタミンAは緑黄色野菜やレバー、卵などに多く含まれています。また、近年は野菜の皮、種などに含まれているファイトケミカルをスープに煮出して摂取することで、免疫力を高められると言われています。野菜の持つパワーをしっかり体内に取り入れるようにしましょう。

回復期はエネルギー源になる糖質を摂取

インフルエンザや風邪に罹ってしまうと食欲はなくなるし、インフルエンザにいたっては、水分補給するだけで精一杯という場合もあり得ます。まずは、医師に処方された薬でしっかり治すことに専念しましょう。

回復に向かい食欲も少し出てきた場合は、エネルギー源になり体力回復をサポートする糖質の多い食材を摂取しましょう。代表的な食材はイモ類やご飯、フルーツなどです。加熱したり、すりおろしたり、おかゆやジュースにしたりなど、消化のよい状態にして食べると、弱っている胃腸の負担が少なくなるのでお勧めです。下記におすすめの食材をまとめたので参考にして下さい♪

糖質をエネルギーに変えるビタミンB類・・・豚肉、大豆製品、貝類、キノコ類など。

②喉や鼻の粘膜を強くし、ウイルスへの抵抗力を高めることが期待できるビタミンA・・・緑黄色野菜(ブロッコリー、かぼちゃ、にんじん、ピーマンなど)、卵など。

③血流をよくするビタミンE……ナッツ、アボカド、かぼちゃなど。

栄養をしっかり取って免疫を上げていきましょう!!次回は具体的なレシピを公開していきます☆

駒込にあるActにもぜひ遊びに来て下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)