Act

健康

最新版!現代人には欠かせない!?目にいい栄養素と健康素材♪

こんにちわ!
みなさんは1日にどれくらいの時間をPCやスマホの画面と向き合っていますか?
仕事中はおろか、ついつい移動中や暇つぶしにもスマホを見続けてしまう方は多いのではないでしょうか?
そこで今回はデスクワークなど目を酷使する方に特に知ってもらいたい!目にいいとされる栄養素や注目の健康素材について調べてみました!

要チェック!目にいい栄養素

意外と知られていない目に有効な栄養素。
サプリや健康食品などでもよくある特に効果があるとされている成分は
以降の通り。

ビタミンA、C、E

3つを総称して「ビタミンACE」と呼ばれ、皮膚や粘膜の健康維持、抗酸化作用が期待できる栄養素です。
特にビタミンAには暗い所で目を慣れやすくする機能を助ける成分も含まれます。

アスタキサンチン

魚介類に含まれ、眼精疲労や加齢黄斑変性、白内障、網膜症に有効な成分とされています。

アントシアニン

ポリフェノールの一種として目にいい食材としておなじみのブルーベリーに含まれる成分です。ロドプシン(視物質)の再合成を促し、目の機能改善に効果が期待できます。

ルテイン

緑黄色野菜に含まれる成分で、目の老化に関わる活性酸素を抑えたり、目の黄斑部と呼ばれる部分へのブルーライトの侵入をカットし目を守る働きがあります。

ブルーベリーだけじゃない!目に効く注目素材!

さらに近年新たに効果のわかってきたものもあります。
サプリなどでも扱われるようになってきたのでご存知の方もいるかと思います。目に効くとして最近注目されている健康素材です!

ビルベリー

北欧に自生する植物でブルーベリーに似ています。北欧の厳しい気候にも耐えることからブルーベリーよりも多く「アントシアニン」を含むとされており、目の疲労感を和らげたり、ピント調節を素性に保つ働きがあります。
また抗酸化作用を持つため細胞の老化を防ぐ役割もあります。

アイブライト

アイ(目)ブライト(輝く)の文字通り目の症状に対して効能を持つハーブの一種です。抗炎症作用や収れん作用があるため、目の充血や炎症を和らげたり、疲れ目に効果があります。目のかゆみや鼻水などにも効果が期待できるため花粉症予防としても有効な素材です。

イチョウ葉エキス

そのままではなく主に葉の成分を抽出して利用されます。眼血流量増加や神経保護に効果があり、緑内障の予防にも期待されています。「フラボノイド」には抗酸化作用や抗菌・殺菌作用があり、老化防止や動脈硬化にも効果があります。「ギンコライド」は血液をサラサラにしたり血小板因子が血管について炎症を起こすのを防ぐ、結果、拡張作用やアレルギー症状の緩和など多くの作用がわかっており、フラボノイドを一緒に摂取することで効果が高まるとされています。

いかがでしたでしょうか?現代人はとにかく目を酷使しますし、目は加齢による衰えを感じやすい部分でもあるんではないでしょうか?また目の疲れは頭痛や肩こり吐き気など全身に影響を及ぼすこともあるとか。
目を使う作業をしたらその分休むことも気にかけていきましょう。
目を休めることはもちろん、目にいい健康成分を取ることで目の健康も守りたいですね♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)