Act

ボディメイク

ダイエットには腸活!腸内環境を整えて痩せやすい身体をつくる6つの習慣♪

こんにちは!
今回は今注目されている”腸活”と”ダイエット”の関係について調べてみました♪

多くの人が一度は経験されたことがある便秘ですが、便秘が続くと身体に様々な悪影響を与えます。
便秘によって悪玉菌が増えるとむくみや血行が悪くなり、ダイエットの妨げになってしまします。
また、腸は代謝機能にも大きく関係しています。私たちの身体は代謝によって糖や脂肪をエネルギーに変えているので、代謝機能が落ちると痩せにくい体になってしまうのです。

そのため便秘を解消して腸内環境を整え、代謝を良くすることがダイエットのポイントです!
そこで今回はやせやすい身体をつくるための6つの腸活についてお話します♪

 

1.朝起きたらコップ1杯の水を飲む

起きたては、腸も寝起きの状態です。そこでコップ1杯の水を飲むことで大腸が刺激され、腸の運動が活発になります。
また水分不足は便が硬くなりやすい原因の1つなので、生活の中でこまめに水分をとっていくと良いと言われています。

2.毎日朝食を食べる

起床後に胃の中に食べ物が入ることでその刺激で大腸の動きが活発になります。
その働きで便が直腸に運ばれ排泄されるため、朝食を食べることはこの仕組みを機能させるためにも大切です。
朝しっかり食べられない人は野菜ジュースを飲むなどして腸に刺激を与えるのもポイントです。

3.食生活の見直しをする


外食で多い動物性たんぱく質や脂肪分の多い食生活は悪玉菌が増え、腸の動きを抑えてしまいやすくなります。腸の活性化に欠かせないのが食物繊維をたくさん摂ること。
海藻や果物に含まれる水溶性食物繊維と、豆類や根菜類、きのこなどに多く含まれる不溶性食物繊維を1:2の割合で摂ると良いと言われています。
またAct馬込店にはベジフローラという商品をご用意しております!不足しがちなビタミン、ミネラル、水溶性食物繊維をふんだんに含んでおり、かつ乳酸菌も含まれています♪

4.適度な運動でインナーマッスルを鍛えよう

便を出すためにインナーマッスルが大きくかかわっていると言われています。
ハードな運動でなくとも、便をスムーズに出すためには骨盤底筋といって内臓を下から支えたり排便を促す役割のある筋肉を鍛える運動がオススメです。
そんな骨盤底筋を鍛えるための体操はまたの機会にご紹介します♪

5.睡眠不足を解消

寝ている間、副交感神経の働きにより内臓の働きが活発になります。逆に睡眠不足で交感神経が高まると腸の活動は弱まり、便秘になりやすくなります。
しっかりと睡眠をとってストレスや疲れを避け、交感神経を優位に立たせないようにすることも痩せやすい身体づくりのポイントです♪

6.排便の習慣をつける

排便になりやすい人は我慢してしまう人に多いようです。便を出そうと思った時に腸の反応を無視する癖をつけてしまうと、腸の感度が低下するためです。
出そうと思った時に我慢せずトイレに行きましょう♪

いかがでしたか?
これら6つの腸活をして内から痩せやすい身体づくりをして行きましょう♪
Act馬込店ではベジフローラ以外にも健康な身体づくりや美容のための商品を多数取り揃えています!
気になった方是非一度遊びにいらしてくださいね♪

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)