Act

ボディメイク

デスクワークで疲れたカラダをほぐす、おすすめのストレッチ&筋トレ!


こんにちは。
前回の記事で、座りっぱなしでおこる腰痛の原因と対策を紹介させていただきました。
私も座り方を変えて、実践中です(笑)
前回の記事はこちら。
desk-work
姿勢を変えても長時間座った状態だと、カラダの疲れや肩こり、背中が重いなと感じることがあると思います。
そんな時は、立ち上がったり、歩いたり、ストレッチなどして、リフレッシュします。
なので今回は、長時間デスクワークして疲れたカラダをほぐす、おすすめのストレッチ&筋トレをご紹介します。
ぜひ、座り方と合わせて、試してみてください。

デスクワークの方に、おすすめのストレッチ!

ストレッチを行う頻度は、1~1.5時間おきに数分間行うことで、リラックスでき、仕事への集中力もアップ。

・首のストレッチ

頭を後ろへ倒して20秒、前にとして20秒を5セット。
首から肩にかけての血行がよくなり、目の疲れも取れます。

・肩のストレッチ

両腕を肩と平行に伸ばした状態で、後ろと前にそれぞれ10回ずつ回す。
※肘は伸ばしたまま回すのがポイント

・肩甲骨のストレッチ

両手を組み(手のひらは外側)、胸の前に伸ばします。
その状態で、頭の上まで両うでを上げていき、頭の上まで来たらゆっくりと左右に下ろしていきます。
うでを下ろしていくときのイメージは、重量挙げをしている格好になります。

・うでのストレッチ

片方の手を胸の前に出し、手のひらが上になるようにします。
下に向いている指(人差し指~小指)を反対側の手で押さえ、下に押さえていきます。
このとき、掌は90度くらいに曲がっている状態になっていると思います。
なので、この状態を1~2分キープし、その後反対側の手も同じようにやりましょう。

デスクワークの方に、おすすめの筋トレ!

・腹筋を鍛える

イスに浅く座り、背筋を伸ばし、両脚を床から少し浮かせ、そのまま1分キープ。
慣れないうちは、10秒~20秒キープし10回ほどやり、慣れてきたら、時間と回数を増やしていきましょう。
更に負荷をかけたい人は、背もたれにつかないギリギリの所まで上半身を倒すとよいです。

・太ももを鍛える

イスに浅く座り、両ひざの間にペットボトルや本などを挟み、キープ。
※ひざに挟みやすいものでしたら、何でもいいです。
長時間挟むことで、より鍛えられます。

・背筋を鍛える

両うでを上げ(背伸びするイメージ)、胸を開いて肩甲骨を挟むようにして、腕を後ろ側に回しながら下ろしましょう。
腕を下ろした状態で、お腹に力を入れてキープ。
この方法を繰り返していくと、背筋を鍛えながら、姿勢も改善されていきます。

いかがでしたでしょうか。
長時間の座りっぱなしは、結構大変です。
適度にストレッチし、カラダをリフレッシュさせましょう。
気分転換に筋トレもすると、カラダも鍛えられて一石二鳥です。

Act店舗でも筋トレグッツを販売しておりますので、興味をもたれた方は、ぜひご来店ください。
客様のお越しをお待ちしております。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)