Act

健康

2月はといえば、節分。豆の健康メリットとは!


こんにちは。
寒さの厳しい日が続いてますね。
1月31日の夜は、都内でも雪のチラつく場所もあったみたいです。

2月に入り、最初の行事といえば、節分でした。
節分と言えば、鬼は外、福は内と声を出し、豆をまきます。
由来は、季節の変わり目に邪気が生じると考えられていて、その邪気(鬼)を追い払う儀式で、
中国から伝わってきたようです。

そんな邪気を払う程の効果があるとされていて、バランスの良い栄養素を豊富に含んでいる豆について今回紹介していこうと思います。
また、豆は畑のお肉とも言われており、毎日の健康維持に役立つ様々な効果が期待できます。

どんな栄養素があるか?

豆の中には、美容や健康に欠かせない栄養素のタンパク質、食物繊維、ミネラル、ビタミン、イソフラボンなどが豊富に含まれています。
また、豆の栄養成分には「炭水化物を多く含むもの」と「脂質を多く含むもの」の2つに大別されます。

・炭水化物を多く含むもの

豆の種類:あずき、いんげん豆、そら豆、えんどう豆など
栄養素(乾燥豆の重量比率):炭水化物が50%,たんぱく質が20%,脂質が2%

・脂質を多く含むもの

豆の種類:大豆、落花生、黒豆など
栄養素(乾燥豆の重量比率):大豆は、炭水化物が30%,脂質が20%,タンパク質が30%
落花生は、炭水化物が30%,脂質が50%,タンパク質が25%

豆の健康メリットとは?

①良質なタンパク質が摂取できる。

豆のタンパク質は、体内への吸収率が良いのが特徴です。
しかし、吸収速度はゆっくりしていて乳清タンパクであるホエイに比べると遅いですが、その分腹持ちがよくなります。
また、アミノ酸も多く含んでいるため、筋肉の強化、持久力のアップ、集中力の維持が見込めます。

②ダイエットにおすすめ

大豆のタンパク質には、コレステロールをコントロール作用するため食べ過ぎの予防になります。
また、サボニンという物質が含まれていて、腸に作用し体脂肪を減らす作用があります。
つまり、ダイエットにも効果があると言われてます。

③疲労回復

大豆に含まれるビタミンB2には、エネルギーの代謝を促進する作用があり疲労回復に繋がります。
また、リラックス効果もあります。

いかがでしたでしょうか。
小さな見た目に似合わず、豆にはカラダが良くなる栄養素が報復含まれています。
Act店舗でも健康管理におすすめ(プロテインなど)の商品を多数取り揃えておりますので、ぜひお越しください。
お客様のご来店をお待ちしております。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)